24日から中学生ジュニアボランティア県外研修

事前研修で自己紹介する参加者

 須賀川市青少年人材育成中学生ジュニアボランティア県外研修事業は、24日から26日まで神奈川県座間市のシニアリーダーズクラブとの交流を通して活動への理解を深める。
 故安藤ツヤさんの寄付金を活用した青少年人材育成基金により震災後からスタートし、今年は市内全10中学校の代表生徒20人が2泊3日の活動をする。
 座間市の子どもたちとの交流をはじめ班別活動や自主研修、相模原市、三鷹市、墨田区、台東区の各施設での体験と見学を予定している。
 派遣事業事前研修会は14日、参加者らが参加して市役所で開かれ、柳沼直三教育長は各校の代表として座間市のリーダーと交流を深めてほしいとし、「活動を通して多くのことを感じ取り見聞を深めることで、須賀川の良さも改めて認識して下さい。須賀川の将来を担う人材を目指し、地域のリーダーとして活躍できるよう頑張ってください」とあいさつして3日間の活躍に向けて激励した。
 自己紹介、日程や持ち物確認、役割分担、部屋割りなど研修を受け、生徒たちは24日から始まる2泊3日の研修に期待を寄せていた。
 参加者は次の通り。
▽須賀川一=渡邉莉央、折笠寿乃(1年)▽須賀川二=大山奈々花、須田日菜子(2年)▽須賀川三=渡邉梨衣、田中美咲(1年)▽西袋=大野陽生、佐藤さくら(2年)▽稲田=長谷部大夢(2年)鈴木天(1年)▽小塩江=吉田美鈴、熊田純星(2年)▽仁井田=中島綾香、深谷美悠莉(1年)▽大東=松本龍哉、溝口莉子(2年)▽長沼=小林叶実、矢部ひなの(2年)▽岩瀬=大橋優聖、矢部温夢(2年)▽引率(市文化スポーツ部生涯学習課)=大槻恵子(課長補佐)力丸光輝(生涯学習係長)