田善顕彰版画展でレプリカ贈呈

田善賞を受賞した戸賀君

 須賀川商工会青年部は第29回田善顕彰版画展で田善賞を受賞した戸賀翔琉君(稲田小2年)、大和田光希君(小塩江中2年)の作品レプリカ贈呈式は8日、各校の校長室で開かれた。
 版画展は須賀川出身で江戸時代を代表する版画家亜欧堂田善の偉業を顕彰するもので、毎年市内小中学生から作品を募集し、戸賀君の「とびばことべたっ!」、大和田君の「静物画」は応募全2770作品の中から最高賞の田善賞に選ばれた。

田善賞を受賞した大和田君

 贈呈式は深谷勝俊青年部会長が両校を訪問し、戸賀君、大和田君作品のレプリカを手渡し、二人の受賞をたたえた。稲田小では冨永庄子校長、小塩江中では佐藤健夫校長が同席した。