長沼の桜名所を歩こう!

長沼サクラスタンプ

 枝垂れ桜番付で関脇に選ばれた横田御殿桜  (昨年の写真)

 長沼地域のサクラの名所9カ所を巡る「2018ながぬまさくら紀行スタンプラリー」は4月6日から20日まで開かれる。期間中に各名所に置いてあるスタンプを5カ所集めた500人に藤沼温泉「やまゆり壮」無料ペア入浴券が抽選で贈られる。
 主催の長沼観光物産振興協会は「参加者全員にチャンスを」と、今年から従来までの先着1000人に無料入浴券を改め、抽選方式で500人にペア入浴券を贈ることにした。
 スタンプ対象は、永泉寺のシダレザクラ、護真寺のサクラ、古舘のサクラ、長楽寺のサクラ、岩崎山史跡公園のサクラ、横田陣屋御殿桜、兎内のサクラ、長沼城址のサクラ、藤沼湖のサクラの9カ所のそばにスタンプラリー台紙を配置する。
 期間中のイベントとして「城山夜桜ちょうちん」ライトアップや県指定重要文化財の「護真寺木造宝冠釈迦如来座像」特別公開、長沼商工会青年部による「城山茶屋」を予定している。
 「ながぬまさくらフォトコンテスト」が同時開催されることもあり、毎年県内外から多くの花見客でにぎわう。
 東日本大震災により藤沼ダムが決壊して甚大な被害を受けた藤沼湖自然公園内には、湖を周回する沿道や丘陵にソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラなど約100本が咲き誇る。震災を乗り越えた長沼と壮大なサクラの競演を待ち望む人たちも多い。