ラバーバレーボール大会in須賀川

熱気あふれる戦いを繰り広げる選手たち

 須賀川市スポーツ推進委員連絡協議会の第31回ラバーバレーボール大会in須賀川は4日、須賀川アリーナで行われ、子どもからシルバー世代までの47チーム414人がチームワークを発揮し、白熱した試合を繰り広げた。
 ラバーバレーボールは市教委主催の冬期スポーツ教室で「冬の寒い時期でも気軽に楽しく運動してほしい」という願いから誕生したニュースポーツで、昭和63年から大会が続いている。
 今年は市外のチームも参加し、サークルや家族などがABCの3ブロックに分けトーナメント戦で競った。会場には選手たちの鼓舞する声や笑い声があふれていた。
 結果は次の通り。
▽Aブロック①西川東バレークラブA②NAMEガッツ③須賀川ラバー、マナティーA▽Bブロック①塩田②Bーgirls②鏡石バレーボールクラブJ、BEAR’Sブラック▽Cブロック①プラス②紫陽花V・B・C③SAKURA、MarbleA▽MVP賞=吉田一成(西川東バレークラブA)、横田昌宏(塩田)、工藤郁子(プラス)▽優秀選手賞=山口孝志(NAMEガッツ)、尾形昌樹(Bーgirls)、志賀有紗(紫陽花V・B・C)