ムシテックあれこれダンボール展

巨大ダンボール迷路に挑戦する子ども

 ムシテックワールドの地元企業連携企画「あれこれダンボール展」は4月5日まで、ダンボール製造業の神田産業の協力で開かれている。
 1階エントランスとわくわくルームを会場に、カブトムシやカマキリ、チョウなど昆虫の大小様々なオブジェが並び集まった親子らの関心を集めている。エントランスホールには高さ1㍍ほどのダンボールを並べて作られた巨大迷路が出現し、遊具コーナーには中に入れるミニハウスやトンネル、ダンボール製の卓球台なども人気を集めている。
 神田産業の企業紹介コーナーには同社のダンボール製ER(エマージェンシールーム)など、ダンボールの特性を活かした製品が並んでいる。
 なお10、11の両日に開かれるダンボール製の椅子・机を工作する「ダンボールファニチュア」は予約多数のため申し込みを締め切った。
 会期中の休館日は毎週月曜日と22日。入館料は一般400円、高校・大学生200円、小・中学生100円、未就学児は無料。
 問い合わせは同館(℡89ー1120)まで。