須賀川消防署が園児に防火寸劇

寸劇を観賞し防火を約束する園児たち

 須賀川消防署(二瓶喜真署長)の春季火災予防運動に伴う防火寸劇は1日、第三保育所と大東こども園の2カ所で披露された。
 園児らに防火教室(防火寸劇)を実施することで、火災の怖さや火災になる原因について理解を図り、幼児から家族などへ内容を伝えることで、広く防火意識の向上を図る目的。
 大東こども園では園児144人が参加した。同署の堀江好靖予防係長ら6人が来園し、マスコットキャラクターの「とらじろうくん」「レスキューファイター」「妖怪メラメーラ」に扮し、「とらじろうのはじめてのおるすばん」と題し、火災の危険がある事例を分かりやすく説明した。
 園児らは火遊びは絶対にしない、ストーブの前に物をおかない、アルミホイルで包んだままレンジにかけない、コードを引っ張らない、ライターは使わないなどを、とらじろうくんと約束した。
 最後に堀江予防係長が「約束守ってください」と話し、とらじろうくんらと記念撮影をした。