3月11日からウルトラオリジナルスタンプラリー

 ウルトラマンを活かした須賀川オリジナル商品や観光プログラムを官民協働推進する「M78ウルトラすかがわ応援団」(大野修司団長)は、3月11日から姉妹都市提携5周年を記念してオリジナルスタンプラリーを始める。全13種類集めると、記念の「完走証」を発行する。
 ウルトラマンの故郷M78星雲光の国と須賀川市の姉妹都市提携5周年を記念し、市内の観光施設や店舗に設置されたオリジナルデザインのスタンプを集めていく。
 スタンプラリーは3月11日から1年を通して参加でき、コミュニティプラザ内の須賀川観光協会事務局、SHOTM78福島空港売店、SHOTM78大束屋(中町)でスタンプ台紙(税込200円)を販売する。
 オリジナルスタンプはウルトラマンや怪獣をデザインしたもので、大人から子どもまで人気のキャラクターを採用することで、全域への観光客の回遊性が高まると期待される。
 スタンプラリーのオープニングイベントとして、午前10時から午後3時まで、中町の旧地域交流館ボタンでウルトラマン握手会などを開く。
 握手会は午前11時と午後1時からで、シリーズ最新作のウルトラマンジードが登場する。ほかにも須賀川市オリジナルウルトラマングッズが当たる抽選会、応援団員による体験イベント・ブースを設ける。
 スタンプラリーは須賀川市イメージアップ戦略支援補助金採択事業。問い合わせは観光協会内の応援団事務局(℡94―6550)。