3月11日ふたつの長沼ふれあいコンサート

 須賀川市と長野県長野市の2つの長沼地区は昨年3月から交流事業を進め、11月には須賀川から長野を初訪問し、さらに交流を深めた。今年3月11日には2回目の「ふたつの長沼ふれあいコンサート」を須賀川市長沼保健センターで開かれる。
 大震災と藤沼湖の記憶をつなぐつどい実行委員会と須賀川市・長野市の長沼公民館の主催、長沼地区区長会、長沼商工会、長沼城址を考える会、長沼地区明るいまちづくりの会、長沼観光物産振興協会、藤沼湖自然公園復興プロジェクト委員会の共催。
 開演時間は午後1時から3時まで、長野市長沼の和太鼓演奏グループによる「復興と鎮魂の太鼓」や舞踊、冬季長野オリンピックで使用した「善光寺太鼓の梵鐘」を鳴らし、東日本大震災の犠牲者のめい福を祈る。
地元の長沼中生徒たちが合唱を披露するほか、大震災と藤沼湖の記憶をつなぐつどい実行委員会の加藤和記委員長らが震災後の経過や長野市長沼公民館との交流の経緯について説明する。
 交流のきっかけは長野市にも「長沼」があり、今から約420年前、豊臣秀吉の命で、越後領主から会津領主となった上杉景勝と共に、信州の長沼から奥州の長沼にやってきた家臣の島津忠直が、同じ名前の土地で同じ名前の城の城主になった。
 長沼には今でも信濃町という信州ゆかりの地名が残っており、長沼公民館など共通の名前の施設もある。
 両地域の交流は約8年前、長野県の長沼歴史研究会メンバーが須賀川市長沼の「さくら紀行スタンプラリー」に立ち寄り、パンフレットなどを持ち帰ったことをきっかけに、長野市の長沼城址の研究を進める中で須賀川市の長沼城址を考える会とのやりとりが始まった。
 同コンサートは、宮沢秀幸長野市長沼公民館長が「不思議な縁に結ばれている、ぜひ交流を深めたい。東日本大震災で被災した須賀川市の心の復興を願い、太鼓の響きで応援したい」と鈴木潤一前長沼公民館長と連絡を取り合ったことで実現した。
 その後もさらなる交流促進を目指して6月の藤沼湖完成・奇跡のあじさい植樹祭で長野市から来須したほか、須賀川市からは長沼城址を考える会メンバーらが初めて長野市を訪ね、長野城の歴史などを学び、須賀川から長沼公民館庭に移植した「奇跡のアジサイ」のそばに牡丹園の「麟鳳」と「八千代椿」の2鉢を贈り植樹するなど交流を深めている。
 問い合わせは長沼公民館(℡67ー2474)まで。