「福」を求め豆まき大会に500人

多くの来場者でにぎわうはたけんぼの豆まき大会

 ジェイエイあぐりすかがわ岩瀬はたけんぼの「豆まき大会」は3日、イベント広場で開かれ、「福」を求めて約500人が集まった。
 ステキな賞品が当たる福豆まきで、お米(天のつぶ2㌔)やイチゴ、ラーメンセット、リンゴジュース(2缶)、野菜、ポケットティッシュなど空クジなしのクジ付きの須賀川産の福豆、約700袋が用意された。
 池田浩春常務理事「季節の節目です。日頃のご愛顧に感謝します。今後もよろしくお願いします。今日は楽しんでください」とあいさつし、渡辺勝代直売部会長が「いつも利用していただきありがとうございます。これからも良い物を提供して参ります」とあいさつした。
 初めにかみしもを付けた子どもたちが豆まきをしたあと、来場者らを前に、池田常務理事や大槻一彦社長、渡辺部会長、年男・年女らが参加し「福は内」「福は内」の掛け声で福豆をまいた。
 来場者らが今年1年間の福を求め、手を広げ「こっち、こっち」と、我先にと福豆に飛びついていた。