社明運動作文コン優秀学校賞を伝達

表彰状を受けた大里小代表の二瓶さん

 第67回社会を明るくする運動作文コンテスト須賀川地区優秀学校賞に大里小(野崎浩二校長)と湯本中(阿部裕好校長)が選ばれた。表彰状伝達式は30日、各校校長室で開かれた。
 地区内の小中学校20校から193点の作品が寄せられた。
 地区優秀学校賞は今年度新たに設けられた賞で、須賀川・岩瀬地区での受賞は両校のみ。
 大里小は4・5・6年のすべての児童が出品したことや今までの継続した社明運動への取り組みが評価された。
 湯本中は全校生徒が8人と少ないながら、地域コミュニティを大事にし、地域とともに学校づくりを進めている姿勢が評価された。
 伝達式は保護司会の大野修司会長、大寺正晃さん、常松秀夫さんの3人が両校を訪問。大里小は児童代表の二瓶さくらさん(6年)、湯本中は阿部校長がそれぞれ表彰状を受けた。