須賀川アリーナのサブは利用を再開

再開したサブアリーナを走り回る子どもたち

 昨年11月から工事のため利用停止となっていた須賀川アリーナは、今月1日からメインアリーナの予約を開始し、朝から利用者が列を作るなど、3月の再開を待ち望んでいた市民からの予約が相次いでいる。またサブアリーナは同日に再開し、学生や団体の利用で震災以前の活気を取り戻しつつある。
 メインアリーナは照明LED化工事のため昨年11月から工事を着工し、今月完了予定。
 サブアリーナは東日本大震災の影響により平成23年から約6年間、市行政機構の一部が移動していた。昨年5月に新庁舎へ移転し、1月まで床の修繕工事が行われた。
 なおサブアリーナのバスケットゴールは不具合のため当分使用できない。
 利用再開したサブアリーナでは市内の企業による子どもたちの運動教室が開かれ、元気いっぱいに走り回る姿が見られた。
 予約・問い合わせは市スポーツ振興協会(℡76ー8111)まで。