市街地で20㌢超の積雪

雪をよけながら集団登校する子どもたち

 本州南側を強烈な南岸低気圧が通過した影響で、須賀川・岩瀬地方は22日夕方から23日未明にかけて断続的に雪が降り続けた。阿武隈時報社の調べでは23日朝の段階で、須賀川市中心市街地で20㌢超の積雪があり、交通網を中心に各方面に大きな影響を与えた。
 須賀川土木事務所によると、須賀川市勢至堂で50㌢、天栄村湯本で34㌢の積雪を確認。国道や幹線道路の通行止めは報告されていないが、22日夜は須賀川市丸田町地内国道4号線、23日朝は須賀川市東町地内の国道118号線など各方面で大型トラックが坂道を上れなくなり一時交通渋滞が発生するなど影響が出たが、須賀川署によると雪が影響とみられる交通事故は午前9時過ぎの段階で発生していない。
 須賀川市は雪の影響で22日午後10時半から除雪車を走らせて幹線道路の除雪作業を行うなど影響が最小限に収まるよう、最大限の作業をした。
 各市町村教委の調べでは雪による公立幼・保・小・中学校の休校はなく、子どもたちも雪道を楽しみながら元気よく登校する姿が見られ、みんなで協力しながら敷地内の雪かきに汗を流した。
 私立幼稚園では雪のため須賀川幼稚園が臨時休園した。
 公共交通機関では、午前9時現在でJR東日本によると、東北本線は午前7時59分須賀川駅発が10分程度遅れたがその他は目立った遅れはない。
 福島交通観光須賀川営業所によると、路線バスは多少の影響はあるものの通常通り運行した。高速バスはあだたら号とあぶくま号須賀川駅発便、名古屋線が全日運休。新宿発は午前中4便が運休した。
 福島空港国内線発着便は、午前8時5分発大阪行きが欠航、午前10時発札幌行きが1時間程度の遅延を見込んでいる。
 なお気象庁などによると今週末にかけて大雪と低温への警戒が必要となる見込みで、一部予報会社は2月に入っても異常低温状況が継続するとみており、雪や低温に対する万全な備えが求められる。