大爆笑の綾小路きみまろライブ

来場者の形態模写で爆笑させる綾小路さん

 須賀川市文化センター自主事業「綾小路きみまろ笑撃ライブ」は20日開かれ、超満員となった会場は、毒舌の爆笑ステージを楽しんだ。
 テレビでおなじみの「中高年のアイドル」が須賀川で初ステージを繰り広げることから、チケットは発売当日に完売となり大きな話題を呼んだ。
 綾小路さんは昭和54年に日劇から漫談家としてデビューし、平成14年に漫談CD・カセットテープ「中高年に愛を込めて…」を販売し注目を集めた。
 カツラと扇子、燕尾服をトレードマークに「あれから40年」のフレーズと毒舌、50歳を超えてからのブレイクという境遇に、中高年を中心とした高い支持と共感を得ている。
 前座による歌や踊りのステージに続き、綾小路さんが登場すると会場は割れんばかりの拍手に包まれた。
 綾小路さんは「須賀川市はきれいな街で驚いた。聞くところによるとゴミを捨てるほど人がいないという」などと得意の毒舌で会場をわかせていた。また、前列の観客を茶化したり、婦人用バッグを使った来場者の形態模写をするなど爆笑のステージを繰り広げた。
 公演終了間際に綾小路さんが倒れる一幕があった。翌日にも公演を控えていたため大事をとって救急車で郡山市の病院へ運ばれた。
 市文化センター関係者によると、精密検査では異常がなく、カゼとみられるとの報告があったという。
 なお綾小路さんは翌日も仙台市で公演し、無事にステージを終えている。