市民交流センター現場にカウントダウン看板

tette建設現場に設置されたカウントダウン看板

 須賀川市中心市街地にぎわい創出の中核を担う市民交流センターtetteオープンまであと1年。須賀川市は松明通り沿いの建設現場囲いに「カウントダウン看板」を設置した。
 市民交流センターは市図書館や中央公民館、子ども遊び場、円谷英二ミュージアムなど幅広い年代の市民が集い交流・文化活動を発信する複合施設として建設工事が進められ、順調にいけば9月までに外溝工事まで全て完了し、準備期間をへて来年1月11日のオープンを予定している。
 カウントダウン看板はオープン1年前の11日午後に職員が設置し、同日発表されたロゴマークと一緒に「365」の数字が掲示された。
 看板の数字はマグネットになっており、職員らが毎日手動でオープン当日までカウントダウンを行う予定となっている。