和やかに須賀川市成人式

代表で成人証書を受ける鈴木さん

 新成人826人の新たな門出を祝う、須賀川市成人式は7日、市文化センターで盛大に行われ、晴れ着姿の男女が笑顔で再会し、大人への自覚を新たにした。
 真新しいスーツやきらびやかな和服の新成人らは開式の約1時間前から市文化センターに集まり、スマートフォンで記念撮影したり、抱き合ったり、握手したりして再会を喜び合っていた。
 アトラクションとして奥州須賀川松明太鼓保存会が演奏を披露し、勇壮な演舞衆に新成人を迎えた藤田優さん、大波礼奈さん、鈴木莉子さんが晴れ着でバチを握り加わっていた。
 式典は国歌・市歌斉唱に続いて橋本克也市長が新成人代表の鈴木菜穂さんに成人証書を授与した。
 橋本市長は市の強みや特長を最大限に活用し市民協働の理念のもとで、市民満足度の向上を図りあらゆる人に選ばれるまちを目指すまちづくりを紹介し、「新成人の皆さんにもこのまちづくりを推進する一人として、我がまち須賀川を誇りに、自ら出来ることを主体的に取り組み、それぞれの分野で須賀川の魅力を積極的に発信して下さい」と式辞を述べた。
 来賓の佐藤暸二市議会議長が祝辞、成人代表の室田知美さんと鵜沼比呂さんが「私たちは自然豊かな須賀川で育ったことを誇りに、自分の未来、ふるさとの未来が、笑顔と希望であふれるよう精いっぱい努力し、未来にタスキをつないでいくことを誓います」と笑顔で誓いの言葉を務めた。
 新成人の受け付けでは一人ひとりに成人証書と20年の出来事や来賓からのメッセージ、中学生時代の思い出の写真をまとめた冊子が配布された。