神炊館神社穏やかに「しめ納め」

盛大に炎をあげる神炊館神社のしめ納め

 須賀川・岩瀬地方の各神社は7日、松の内を締めくくるしめ納め(どんと焼き)を執り行い、松飾りやしめ縄などを火にくべて健康長寿や家族円満などを願った。
 このうち須賀川地方の総鎮守神炊館神社(須田秀幸宮司)は、多くの市民が境内に大量の正月飾りなどを持ちより、午後4時半から神職や氏子衆らがしめ縄などを順々に火にくべていった。
 朝から吹き続けいていた風もおさまり、正月飾りは火の粉に包まれながら静かに燃え上がった。参拝者らも炎に手を合わせたりしながら火にあたり、1年の健康と平穏を願っていた。
 しめ納め当日は松の内最終日でもあり、初詣でを締めくくる参拝やおみくじを引いたりする参拝者も多かった。