鏡石町仕事始め式で町長訓示

遠藤町長から訓示を受ける職員たち

 鏡石町の仕事初め式は4日、町役場議会議場で開かれ、遠藤栄作町長は「各種事業に年度目標をたて、さらに輝き、進化し続けるまち、元気なまちとして取り組んでほしい」と職員ら約100人に訓示した。
 遠藤町長は「昨年は町制55周年という節目の年として思考を凝らした記念事業など積極的な取り組みに改めて感謝申し上げます。まちの元気と進化を県内外に発信することで震災による風評被害は必ず払拭できるものと思います。新年度に向けて動き出している事業として、町油田計画や地方創生事業として進めているまちの駅かんかんてらすなど、まちづくりは楽しいことだと思い、職員の輪を大切に進化し続けるまちづくりに協力してほしい」と呼びかけた。