きらきらアート1月1日以外は観覧OK

 鏡石町が取り組む東北初の田んぼアートイルミネーション「きらきらアート一寸法師」は1月1日を除いて町図書館4階展望室からの一般観覧が可能になる。
 昨年度は年末年始の観覧ができず、町民や帰省者から展望室を開放してほしいとの要望が多かったため、今年度は1月1日以外は午後4時半から午後7時まで観覧可能となる。
 図柄は町制55周年を記念して面積を50㌃から70㌃に拡大し、イラストレーターの湖川友謙さんがデザインした「一寸法師」のクライマックスシーンを表現したものに町民参加型で約6000本のLED装置と約1万4000本の電飾を設置し、東北初のLEDアートとして昨年から取り組んでいる。