小中校合同「稲田っ子集会」

ボール運びリレーで協力し合う小中学生

 稲田小中校合同の「稲田っ子集会」は20日、中学校体育館で開かれ、小学1、2年生と中学1年生がボール運びリレーなどで交流を深めた。
 異学年の児童・生徒と交流することにより、自己肯定感や自尊感情を育て、思いやりを育むことなどを目的に各学年同士で行っている。
 児童・生徒がペアになって布の上に乗せたボールを落とさないように走るボール運びリレーや体操マットに乗った児童を生徒らが運ぶ空飛ぶじゅうたんリレー、じゃんけんで行列を作る貨物列車などのゲームを楽しんだ。
 中学生たちはゲーム中に小学生をフォローするなどしながら、頼れる先輩の姿を見せていた。