「あい・カフェ」で元気な歌声を届ける

学生たちがクリマスソングをプレゼント

 公立岩瀬病院12月の「あい・カフェ」は21日、6病棟ラウンジで開かれ、公病看護学院の学生たちがトナカイなどに扮してクリスマスソングを披露した。
 あい・カフェは入院患者に病院調理師らが手作りした軽食とお茶の時間を楽しく過ごしてもらいたいと毎月1回実施している。
 今回はクリスマスに合わせて、「ココアシフォンケーキ」が用意され、看護学院学生たちが「グロリア」など元気な歌声を届けた。
 ひと足早い聖夜の歌声に来場者たちも大喜びで大きな拍手とアンコールの声が上がるほどだった。