高齢者インフルエンザ予防接種の期間延長

 須賀川市は高齢者インフルエンザ予防接種の実施期間を来年1月31日まで延長した。当初は今月30日までだったが、今シーズンのワクチン製造量が例年よりも減少し、医療機関への安定的な供給も今月中旬以降にずれ込み、希望者が適切に接種を受けられるよう延長する。
 65歳以上または60歳から64歳までの身体障害者手帳1級程度の人を対象に自己負担1000円、生活保護世帯の人は無料、2回目以降は全額自己負担となる。
 インフルエンザは1月から2月にかけて流行のピークを迎えるといわれ、ワクチンを接種してから効果が出るまでには2週間程度かかるため、早めの接種を呼びかけている。
 問い合わせは市役所健康福祉部健康づくり課(℡88ー8122)まで。