仁井田小5年生が阿武隈時報社で職場見学

輪転機などを見学する児童たち

 仁井田小(柏谷智也校長)の社会科職場見学は12日、阿武隈時報社で行われ、5年生57人が新聞の役割や製作の流れなどを学んだ。
 新聞の製作過程や家庭に届けられるまでの様子、地方で発行されている新聞の特色に関心をもつことなどが目的。
 児童たちは2組に分かれ、新聞の役割や物事を伝えるために必要な要素、災害時における確かな情報の重要性などについて説明を受けた。
 その後、パソコンの画面編集作業や新聞を印刷する輪転機などを見学し、新聞がどのようにして毎日作られているか学習した。
 児童たちは「毎日の取材で苦労しているところはなんですか」「地方の新聞の特徴はなんですか」などを質問し、新聞への関心を高めていた。