岩瀬郡市陸協が天栄中駅伝部に激励金

激励金を受けた駅伝部の生徒たち

 県南陸上競技協会と岩瀬郡市陸上競技協会は11日、天栄中校長室で全国大会に出場する女子駅伝部に激励金を贈った。
 岩瀬郡市陸上協会の安藤昭人会長と本田実理事長が訪れ、3年の内山伊織さん、後藤さくらさん、白井乃愛さんらに激励金を手渡した。
 内山さんらは「今までつらいときも仲間で支え合ってきました。目標にしてきた優勝、区間賞の達成を目指し、感動を届ける走りをしたいです」と意気込みを話した。
 安藤会長は「大会では120%の力で悔いのない走りを発揮し、全国に天栄中の名を広めてほしい」とエールを送った。