スポーツ振興協会ランニングクラス開講

フォームを確認しながら走る参加者たち

 須賀川市スポーツ振興協会のランニングクラス(実践編)は2日に開講し、受講生24人が並木町運動広場で汗を流した。
 ランニング技術の向上と継続的な運動習慣の形成、競技ランナーの交流の場を設けることなどが目的で、来年2月24日まで毎週土曜日に同運動場で全11回開く。
 岩瀬郡市陸協からふくしま駅伝須賀川市チームの監督・コーチ陣を講師に招き、初回はランニングフォームを確認して10分ジョグやポイント走、タイムを計っての1500㍍走などに取り組んだ。
 耳、肩、くるぶしが一直線になることを意識して、腰を高く保ちながら走るフォームを学びながら、参加者たちはベストタイムの更新を目指して練習していた。
 なお同協会は引き続き同講座の受講者を募集している。参加目安は男子は5㌔25分、10㌔50分、女子は5㌔30分、10㌔60分。対象は市内在学・在勤・在住の中学生から一般者。参加費は1000円。
 問い合わせ・申し込みは須賀川市スポーツ振興協会(℡76ー8111)まで。