選挙クイズの当選30人が決まる

クイズ当選30人を選ぶ室井委員長

 須賀川市選挙管理委員会(室井宏委員長)は、10月の第48回衆院選啓発事業として「家族そろって選挙に行こう!選挙クイズ」を行った。1日に市役所でプレゼント抽選会を行い、当選者30人を選んだ。小中学生には学校を通して商品を進呈する。
 「選挙クイズ」は昨年の法改正で投票所に選挙権のない子どもも保護者と一緒に入場できるようになったことから、将来有権者になる子どもたちにも選挙に関心を持ってもらいたいと企画した。
 未就学児から中学生まで258人の応募があり、抽選は室井委員長ら選管委員が正解者256人から当選者30人を選んだ。
 当選者発表は「クリップつきLEDライト」の発送をもって替える。未就学児には郵送を予定している。
 同日は選挙啓発活動の一環として作品を募集した「すかがわ選挙川柳」審査会を開いた。一般と小中学生合わせて1784人から2083点の応募があり、小学校、中学校、一般の3部門で入賞15作品が選ばれた。入賞者名は後日発表される。