公共施設の損傷、アプリで投稿

道路の異変を即座に送信(イメージ)

 須賀川市は12月1日からまちの問題解決へ、スマートフォンを活用した画像投稿システム「レポナウすかがわ」をスタートする。道路や公園遊具の不具合情報を専用アプリで投稿し、官民協働で住みよいまちづくりを目指していく。
 今(ナウ)の情報をすぐさま投稿(レポート)する取り組み。専用のウェブアプリケーションを使い、市のパトロールだけでは気付きにくい不具合を、スマートフォンなどから投稿して地域の問題や課題解決を図る。
 利用方法は簡単。専用アプリ「フィックス・マイ・ストリート・ジャパン」をスマホやタブレット端末でダウンロードしてユーザー登録するだけ。
 道路などの不具合を見つけたら、その場所を撮影・投稿する。市は受け取ったデータを元に修繕などの対応を行い、その状況をウェブサイトで公開し、投稿者に作業完了のメッセージを送信する。
 システム運用により市役所が休みの曜日や時間でも修繕依頼投稿ができ、GPS機能により場所が特定され迅速に対応する。投稿内容や対応状況はだれでもウェブサイトで確認できるため、情報の「見える化」が図られる。
 また従来の電話通報では特定まで時間がかかった位置や損傷状況の把握が正確に伝わり、スムーズに問題解決が図られていく。
 画像投稿システムの対象となるのは、市が管理する道路や公園遊具などの不具合に関するもので、道路の段差・破損、側溝やガードレールの破損、公園遊具の破損など。
 道路拡幅や遊具新設など新たな整備・設置の要望は投稿の対象外となる。
 投稿された情報はプライバシーに関わるものや内容が不適切と判断されるものは、市で削除や画像加工を行う場合がある。
 問い合わせは市役所秘書広報課(℡88―9112)か、市広報12月号・お知らせワイド版を参照する。