鳥見山公園にウオーキングモデルコース

ウオーキングコーススタート地点

 鏡石町はかがみいしスポーツクラブ協力のもと認知症予防と健康づくり対策の一環として、鳥見山公園内に健康ウオーキングモデルコースを設定した。利用者には頭も同時に使う「コグニサイズ」を組み入れることをおすすめしている。
 コースはかがみいしスポーツクラブの稲田俊一日本体育協会公認スポーツプログラマーが監修し、自主的な健康増進活動の支援を目的として1㌔、2㌔、3㌔の3種類、園路や外周歩道の勾配、階段など適度な負荷がかかるよう工夫されている。
 西駐車場防災備蓄倉庫付近をスタート・ゴール地点に設定し、 コース案内図は同倉庫の壁に貼られているほか、町公民館、鳥見山陸上競技場内かがみいしスポーツクラブ事務所、町役場でチラシを配布している。町ホームページでダウンロード・印刷することもできる。
 なおコグニサイズとは、国立長寿医療研究センターが開発した運動方法で、英語のコグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた造語。有酸素運動と認知課題(計算、しりとりなど)を同時に行い、脳への刺激を促すことで脳が活性化し、認知症の予防に効果があるとされている。
 習慣化することで、脳と身体の機能をより効果的に向上させることが可能ととなる。
 問い合わせは町役場健康環境課(℡62ー2115)まで。