米・食味鑑定コン国際大会に3人ノミネート

 規模・歴史ともに国内外最大のお米コンクールである第19回米・食味分析鑑定コンクール・国際大会は25、26の両日、山形県真室川町で開かれる。
 今年は国内外から5500を超える検体が出品された。
 このほどノミネート者が発表され、10年連続金賞をかけた天栄米は国際総合部門で天栄米栽培研究会の兼子孝昭さん(ゆうだい21)、都道府県選抜代表お米選手権で天栄村ブランド化推進協議会の吉成市郎さん(コシヒカリ)、栽培別部門・若手農業経営者女性で天栄米栽培研究会の芳賀育実さん(コシヒカリ)がそれぞれノミネートされ、25、26の両日に行われる3次審査の官能審査(食味審査)で金賞もしくは特別優秀賞に選ばれる。
 1次、2次審査の結果によると、今年は悪天候などの影響により全国的に整粒値、味度値が下がっているが、食味値は前年より若干数値が上がっているとされる。
 天栄米は10年連続金賞の栄誉をかけたコンクールであり、村内外から大きな期待が寄せられている。