「長沼新そば祭」午前中に200食完売

大盛況の長沼新そばまつり会場

 長沼ナタネ・ソバ生産組合(海村一男組合長)の「長沼新そば祭」は12日、牡丹会館で開かれ、市内外から多くの来場者が長沼十割そばに舌鼓を打った。
 市民らに100%地元産のおいしいソバを楽しんでもらいたいと毎年開き人気を集めている。
 今秋収穫したての長沼そばと長沼産の野菜、ナタネ油で作るかき揚げを格安の1セット500円、限定200食販売した。
 午前中に200食が完売したが客足が途絶えず、来てくれた人みんなに食べてもらいたいと会場で練り上げて追加販売し、来場者らは食感と豊かな香りを楽しんでいた。