市役所を埋めるNAOTOさんのライブ

市役所の2、3階を埋めるほど集まったコンサート

 須賀川市の市役所ロビーコンサート「NAOTOアコースティックライブ」は11日、市役所1階みんなのスクエアで開かれ、2、3階も埋め尽くすほどの市民が集まった。
 新庁舎開庁と松明あかし開催の記念イベントの一環で、広く市民に音楽に親しんでもらう機会とすることが目的。
 バイオリニストのNAOTOさんは市観光牡丹大使を務め、東日本大震災以降市内の小中学校を訪問し音楽で児童生徒を勇気づけ、須賀川一小に応援歌「希望の歌ーカワセミのように」を贈ったほか、来年4月開校の小中一貫教育校稲田学園の愛唱歌の作曲に携わる。
 NAOTOさんは「新庁舎に来たとき小中高生が勉強の場として利用していて、市民に開かれた良い所だと感動している。音の響きも良いので音楽を楽しんでいってほしい」とあいさつした。
 コンサートはNAOTOさんとピアニストの野津永恒さんが「希望の歌」や「HIRUKAZE」など5曲を披露し、またアンコールでモンティのチャールダッシュを奏でた。
 なおNAOTOさんは同日、小塩江中(佐藤健夫校長)の体育館で「NAOTOアコースティックライブ」を開き、生徒や保護者、地域住民らにバイオリンの生演奏を披露した。
 また須賀川一小(長谷川幸三校長)の児童らと小松明行列に参加し、その後は小塩江中の生徒らと松明あかしに参加し、子どもたちの掛け声に手拍子を送っていた。