松明あかしテーマに俳句作品募集

 桔槹吟社(森川光郎代表)は11日の「松明あかし」をテーマにした俳句を募集する。18日必着で一般の参加はハガキで投句する。
 松明あかしは須賀川の晩秋を代表する伝統行事。戦国時代に須賀川を治めていた二階堂氏が伊達政宗軍に滅ぼされた戦の犠牲者を弔うため毎年11月第2土曜日に開いている。
 松明あかしの俳句は「松明あかし」、「大松明」、「小松明」を季題とし、1人3句以内で未発表の作品を募集。応募はがきには「松明あかしの句」と朱書きする。
 選者は桔槹吟社の森川代表はじめ、金子健太郎さん、新庄八重さん、佐藤健則さんが務める。
 投句先は〒969―0222西白河郡矢吹町八幡町223―3岡本堯子さん宛て。