3日に高木遺跡発掘調査説明会

 県教委は須賀川市浜尾遊水地内にある高木遺跡発掘調査現地説明会を3日午後1時半から開く。現場は現在も工事中のため、雲水峯大橋手前からの入退場を遵守し、指示に従って移動するよう参加者に呼びかけている。
 高木遺跡の発掘調査は平成27年4月から県教委が阿武隈川上流河川改修事業に合わせて発掘調査を進めてきた。阿武隈川左岸の自然堤防上を中心に作られ、4世紀の古墳時代前期と8~10世紀の奈良・平安時代の集落跡が見つかっている。
 80棟を超える竪穴住居跡のほか掘立柱建物跡、畑跡が見つかり、当時の人々の営みを復元できた。竪穴住居跡からは当時使われていた土器などの道具も多数出土した。
 問い合わせは県教委文化財課(℡024―521―7787)。