須賀川市消防団の秋季検閲式

橋本市長の検閲を受ける団員たち

 須賀川市消防団(善方明夫団長)の秋季検閲式は29日、団員はじめ関係者ら約250人が参加し、雨天のため市民スポーツ会館で通常点検などを行った。
 昼夜を問わず訓練を重ねる団員たちの成果を通常点検などで披露し、緊急時における対応に万全を期すため春と秋の年2回検閲式を実施している。
 人員報告、国歌斉唱などに続いて、統監の橋本克也市長と善方団長が訓示した。全国に甚大な被害をもたらした先週の台風21号で発生した河川水位調査や冠水道路排水作業などの活動へ感謝を伝え、「あらゆる事態に対応し市民の生命と財産を守れるよう、一朝有事に備えた万全の準備を今後も図ってほしい」と述べた。
 全分団の中隊通常点検に合わせて、連合女性消防隊、今泉少年少女消防隊も一緒に検閲を受けた。
 永年勤続優良団員らの表彰に続いて、来賓の佐藤暸二市議会議長、玄葉光一郎代議士、上杉謙太郎代議士、森雅子参議院議員、宗方保県議、渡邉素警察署長が祝辞を述べた。
 終了後はポンプ貸与式を実施し、小型動力ポンプ積載車を第12分団今泉2班、小型動力ポンプを第3分団和田2班、第5分団泉田班、第11分団滝班が取り扱い説明を受けた。