八重の短歌で河原さんが最優秀賞

 県内の小中高生を対象とした第5回八重の短歌コンクールの入賞者が決まり、小学生の部最優秀賞に河原胡々菜さん(須賀川一小2年)が選ばれた。
 新島八重を顕彰するコンクールで会津若松市、会津若松商工会議所などで構成する八重顕彰事業実行委員会の主催。県内から合わせて650人、920点の応募があった。
 小学生は「夢」、三部門共通は「明日」がテーマで、河原さんは「おふとんでママとたくさんはなししたあしたもいい日くるとうれしい」の歌で受賞した。
 表彰式は29日午前10時半から会津若松市の会津商工会議所で開かれる。