須賀川LCが郡内1位の個人・団体に楯

楯を授与する吉田会長(右2人目)たち

 須賀川ライオンズクラブ(吉田敬一会長)は20日、円谷マラソン大会・岩瀬支部中学校新人ロードレース大会で、郡内で1位の個人、団体の楯授与式を須賀川アリーナで行った。
 同クラブ事業の一つで、楯よりエネルギーを得て郡内から第2、第3の円谷幸吉の輩出につながればと、今年で2回目の贈呈。
 式には吉田会長、金澤昭治ゾーンチャーパーソン、西牧キミヨ会計の3人が訪れ、県中学校体育連盟岩瀬支部の山田克行支部長(鏡石中校長)に10個の楯が贈った。
 またサトウスポーツよりメダルも一緒に贈られた。
 山田支部長は「円谷マラソンは偉大な選手の大会ですので、楯は励みにもなり、郡内から世界に羽ばたけるようになればうれしいです」と述べ、山田支部長から各学校に届けられる。
 受賞した個人と受賞校は次の通り。
◇個人▽1年=吉田雅哉(鏡石中・男子)森響季(同・女子)▽2年=横田星那(西袋中・男子)寺島夏希(須一中・女子)◇団体▽1年=鏡石中(男子・女子)、▽2年=西袋中(男子)、須二中(女子)◇総合=須ニ中(男子)、鏡石中(女子)