今もかがやき

No.22

とや ちえこ戸屋千恵子さん(77)

合唱団あいりす副会長 須賀川市大町


人のために何かをしたい

100歳までがんばる

 平成22年2月に歌を愛する仲間たちと合唱団あいりすを立ち上げ、 現在は副会長として市内リハビリ施設や老人ホームなどでコンサートを開き、 市民に元気を運んでいる。
 毎週水曜日午後7時から2時間、 主に中央公民館で練習し、 今月21日午後1時半から 「こころの歌コンサート」 を同館で開き、 みんなに聴いてほしい歌や 「後世に残したい100曲」 の中から選んだ名曲を披露する。
 人のために何かできることはないかと、 事務職を定年で引退後すぐ須賀川市赤十字奉仕団に入団。 震災のときは毎日炊き出しを行うなど市民のために尽力した。  
 何かしていないといられない性格で、 パッチワークや刺しゅう、 組ヒモなどの技術を習得し、 「捨てるものは一つもないです」 と、 思い出深いものや布の切れ端などを使った作品づくりに日々没頭している。
 健康のために週1回ヨガ教室に通い、 「まだまだやりたいことがたくさんあるので、 100歳までとにかく元気に生きたい」 と目を細めた。