「松明あかし」は11月11日

「松明あかし」PRポスター

 晩秋の須賀川を焦がす伝統行事、松明あかしは11月11日、翠ケ丘公園内の五老山で開かれる。今年は大松明と姫松明各1本、本松明24本の計26本と仕掛け松明が420余年続く鎮魂の炎で夜空を彩る。
 前日10日は午後6時から岩瀬八幡神社で前夜祭にあたる八幡山衍義を執り行い、小松明行列が幻想的な慰霊会を演出する。
 11日は友好都市座間市が参加し、市役所前で午前10時50分から、松明通りで午後1時20分から座間市・須賀川市友好神輿渡御を催す。
 市役所みんなのスクエアでは、午前11時半から牡丹観光大使も務めるバイオリニストのNAOTOさんがコンサートを開く。
 翠ケ丘公園芝生広場では午前11時からおもてなしフードコートで、ミニ松明制作ワークショップや飲食コーナーを実施する。
 午後1時から午後4時まで、宮先町の須賀川信用金庫本店営業部駐車場でおもてなし・イベント広場を設け、小松明制作コーナー、甲冑武者との記念撮影、戦国鍋・松明スープふるまい、農産物・花木販売を行う。
 松明通りでは、午後1時45分から須賀川一中と須賀川三中の本松明行列出発、午後3時から大松明・姫松明行列が出発する。
 午後4時から芝生広場でキャンドルナイト、同45分から二階堂神社で御神火奉受式・献吟、午後5時から小松明行列順次出発、午後6時から松明太鼓演奏が五老山特設ステージで催し、大松明点火は午後6時半を予定している。
 大松明・姫松明担ぎ手を順次募集中。申し込みは市観光交流課内実行委員会事務局(℡88―9144)まで。