福島ホープス選手とファンが交流

ホープス選手とドッチボールを楽しむ子どもたち

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの県民球団「福島ホープス」の選手とファンの交流イベント「2017シーズン感謝祭in岩瀬牧場」は15日、ファンと選手が楽しく交流した。
 開会式で選手らが来季の抱負を述べ、岩村明憲選手兼監督が「約束していた優勝を果たせず悔しい思いはありますが、ファンの皆様の応援に感謝しています。優勝して皆さんとビールかけをしたい」と話した。
 全員でトレーナーによる準備運動を行い、「ドッチボール大会」、「選手とファンの綱引き大会」、「トークショー」、「福島グルメ早食いチーム対決」、「ふれあいキャッチボール」など多彩なイベントを繰り広げた。
 特に子どもたちは、あこがれの選手たちと会話して、触れ合って大喜びしていた。