牧場の朝・オランダ秋祭りに笑顔

来場者で埋め尽くされる鏡石町本町通り

 鏡石町の町制55周年記念事業「牧場の朝・オランダ秋祭り」は30日、駅前ロータリーをメーンステージにし、駅前周辺・本町通りで盛大に開かれた。多彩なイベントが繰り広げられ、好天にも恵まれて会場は多くの人で埋め尽くされた。
 メーンステージはあやめフローレンスの合唱で開会し、鏡石保育所、幼稚園、中学校、鏡踊爛會のよさこい演舞、地元に復興と笑顔を届けたいと毎年参加しているseeds of sunや平田村出身演歌歌手の泰楽五郎さんらがライブを開き会場を盛り上げた。
 鏡石一小、鏡石二小児童による鼓笛・仮装パレードは、町内交通関係団体とともに町内を行進し、交通安全を呼びかけた。
 本町通りには約70の出店が軒を連ね、「牧場のあーさー♪」がオランダ衣装をお披露目したほか、オランダ大道芸人や自衛隊車両展示、起震車の地震体験、町上下水道課の水のろ過実験など子どもたちでにぎわっていた。
 TPT活動の少年推進員が作成した壁新聞が掲示され、防犯チラシを配り、ゴミ拾いを行った。
 駅前通り特設会場では、町制施行55周年記念の「55」にちなんだイベント「チャレンジGOGOスポーツラリー」が行われ、家族連れに人気を集めた。