天栄村で「清酒で乾杯」

午後6時に合わせて乾杯する出席者たち

 天栄村は日本酒の日にちなみ1日、「清酒で乾杯」を村体育館で開き、約300人が村内2蔵元の地酒や村特産品を使った料理を楽しんだ。
 同村のほか「清酒で乾杯」条例を持つ全国市町村が午後6時、一斉に乾杯した。
 乾杯実行委員会の主催。村内には寿々乃井酒造(牧之内)と松崎酒造(下松本)の酒造店がある。村議会は平成25年に伝統産業である清酒による乾杯の習慣を広め、日本文化への理解促進に寄与することを目的に「清酒で乾杯」条例を制定した。
 実行委員長の廣瀬和吉村議会議長が日本酒による乾杯の文化を解説し「郷土愛を深め、日本一高らかな発声で乾杯しましょう」、添田勝幸村長は「村特産品を使った美味しい料理を食べながら地酒を楽しみ、酒談議で親睦を深めてください」とあいさつした。
 廣瀬村議会議長、添田村長、来賓の橋本克也市長、遠藤栄作石町長らが酒樽の鏡開きをし、カウントダウンに合わせて午後6時と同時に声高々に「乾杯」の発声が響き渡った。
 出席者らは天栄ブランドの天栄米や天栄ヤーコンハンバーグ、天栄長ネギのウェルシュレアビットなどの料理に舌鼓を打ちながら、特別純米酒の「廣戸川」「ひやおろし」の両地酒を味わい談笑をかわしていた。