24日の市防災訓練に約600人が参加

 須賀川市は地域防災計画に基づき、防災訓練を24日午前8時半から市民スポーツ広場で実施する。
 地域防災体制の確立と市民の防災意識高揚を図るため、町内会や自主防災組織、防災関係者ら約600人の参加を予定している。
 訓練は県内陸部を震源とした直下型地震が発生、市内でも建物倒壊や火災、ライフラインへの甚大な被害を想定する。
 災害対策本部設置、ヘリコプターによる被害状況調査・報告訓練、孤立被災者救出・搬送、初期消火、消火訓練(一斉放水)、水防訓練など市民や消防団、防災関係団体などの協力を得て行う。
 須賀川手話サークルあゆみ会、市内高校生ボランティアらも参加を予定している。