秋の全国交通安全運動スタート

秋の全国交通安全

プラカードを手に交通安全を呼びかける参加者たち

 21日から始まった秋の全国交通安全運動にちなみ、須賀川署と須賀川地区交通関係団体は20日、約200人が参加して「秋の交通安全フェア」をイオンタウン須賀川で実施した。街頭キャンペーンなどを通して交通安全を呼びかけた。
 草野美昭交通安全協会長、交通対策協議会長の橋本克也市長、渡邉素署長があいさつした。
 草野会長は各団体の交通安全活動への協力に感謝し、「須賀川・岩瀬から始めよう交通安全の原点回帰スローガンのもと、死亡・重傷事故の防止にさらなるご協力をお願いします」と呼びかけた。
 一日警察官を務める牡丹キャンペーンクルーの赤司梨乃さんと、須賀川幼稚園年長組の渡邉佑君と眞壁ひなのさんに渡邉署長が委嘱状を交付し、赤司さんが「交通事故が起こらないよう協力します」と決意表明した。
 アトラクションで交通安全母の会が長生き音頭と長生き体操を披露し、来場者らも身ぶり手ぶりで参加するなど会場一体となって交通安全気運を高めた。
 一日警察官の3人や須賀川・岩瀬地方3市町村長、交通関係団体会員らが買い物客らにチラシやグッズを配布して交通安全を呼びかけた。
 交通安全フェア会場には白バイ・パトカー体験試乗、シートベルト体験車、自転車シミュレータ―、交通安全長持ち(餅)つき、AED、腹話術などの各種コーナーが用意され、参加した須賀川幼稚園の園児12人や買い物に来た子どもたちが体験を通して交通安全に理解を深めた。
 秋の全国交通安全運動は21日から30日までの10日間、「身につけよう命のお守り反射材」をスローガンに、子どもと高齢者の安全な通行確保と高齢運転者の事故防止など4項目を運動重点に展開する。須賀川・岩瀬地方の各種交通団体も運動期間中に各種活動を予定している。