はたけんぼチーム料理コンテスト全国1位

JAはたけんぼ

組合長に全国1位を報告するメンバー

 家の光協会、JA全国女性組織協議会の「第15回ザ・地産地消家の光料理コンテスト」のごはんを使った丼部門で、JA夢みなみはたけんぼBチームが、最優秀賞の全国1位に輝いた。
 Bチームのメンバーが19日、JA夢みなみ本店を訪れ、橋本正和代表理事組合長に受賞を報告、橋本代表理事組合長は「大変喜ばしい。地域の皆さんにも食べてもらう機会を設けてほしい」と喜びを語った。
 コンテストは7月中旬に、レシピと作品の写真、ポイントやPRを書いた1次審査(書類)に応募し、全国から同部門に356点の応募があり、3組の中に選ばれ、16日に東京都内で行われた最終審査(実技)に臨み、見事最優秀賞に輝いた。
 丼は夏野菜のトマト、ズッキーニや納豆を使い卵でとじたもので、赤、緑、黄などの彩りと栄養のバランスにこだわった「太陽の恵み天津丼~the・サマー」とネーミングした。
 メンバー6人は本番に向けて約2週間練習を重ねて臨んだ。代表の佐藤美幸さんは「さっぱりと食べやすく、簡単に作れる丼物にした。貴重な体験をした」と喜びを話した。
 Bチームメンバーは次の通り。
佐藤美幸、吉田祐子、橋本とし子、会田君枝、添田葉子、鴫原富美子