青少年海外派遣の研修成果を発表

豪州海外

オーストラリアでの研修成果を報告

 須賀川市青少年人材育成海外派遣事業オーストラリア研修視察報告会は16日、研修生の保護者ら関係者約50人が参加して市役所みんなのスクエアで開かれた。
 故安藤ツヤさんが青少年育成のために寄付した基金を元に、子どもたちが海外の社会・文化・自然などにふれ、活動を通して国際理解深め、国際感覚を身に付けた人材を育成するため毎年研修生を派遣している。
 今年で7回目を迎え、前年度の各分野で優れた成績を残した大河内望未さん(須賀川桐陽高1年)馬飼野若さん(同)斧田明花音さん(須賀川一小6年)岡部真依さん(須賀川二中1年)永瀬圭志朗君(西袋中1年)須田日菜子さん(須賀川二中2年)佐藤由美さん(仁井田中3年)小針莉夏子さん(同)佐藤由萌さん(須賀川高1年)の9人を派遣した。
 オーストラリア研修は8月2日から9日まで7泊8日の日程で、シドニー市内や世界遺産、国立公園、現地の学校との交流、ホームステイなど各種活動を体験した。
 研修視察報告会はオーストラリアでの活動を写真スライドで紹介しながら報告し、研修生らの笑顔いっぱいの写真の数々に充実した研修成果が見て取れた。