“まちに夢を飾ろう”185点応募

 子どもたちが「須賀川で見つけた大好きなこと・もの・ひと」をテーマに描いた水彩画作品を募集する“第10回まちに夢を飾ろう”に、今年度は須賀川一小、須賀川二小、須賀川三小の1~3年生児童から作品185点が寄せられた。審査会が25日午後2時から商工会館で開かれる。
 地域の未来である子どもたちの絵画作品を募集し、広く市民にまちの魅力と価値を紹介する機会として、平成20年度から作品を募集・審査してきた。
 須賀川まちづくり推進協議会(ワーキング委員長・横山敦商工会議所副会頭)主催。
 応募作品のうち6点程度を優秀作品に選定し、アルミ加工板にプリントする。過去9回の優秀作品と一緒に、来年完成予定の市民交流センターtetteに掲示する。
 表彰式は11月中旬に予定し、入賞者には設置品のレプリカを記念品として贈る。