早朝、阿武隈川河川敷にミンク

ミンク

小作田の三瓶さんが撮影したミンク

 須賀川市小作田、三瓶時計店主の三瓶正明さんは13日早朝、小作田地内を流れる阿武隈川河川敷で、ミンクと遭遇し驚いている。
 三瓶さんは写真愛好家としても名高く、今年の6月に市の鳥「カワセミ」が、川沿いで見かけたことから写真を撮り続けていた。
 店内にはカワセミなどの写真も飾られ、訪れる人の目を楽しませている。
 同日もいつものようにカワセミの親子を撮影に出かけたところ、ミンクと出会い、望遠レンズで撮影した。「色は黒で体長は70㌢ぐらいあったと思う」と話している。ミンクは食肉目イタチ科の哺乳類。
 三瓶さんは、阿武隈川にはカルガモも生息しており、今後も様子を見守りながら、撮影をして行きたいと話している。