21日から秋の全国交通安全運動

 須賀川地区交通3団体と須賀川署は、20日午前10時半からイオンタウン須賀川で「秋の交通安全フェア」を開催する。街頭PRや白バイ試乗体験などを企画し、来場者に交通ルールとマナー向上を呼びかける。
 秋の全国交通安全運動は21日から30日まで展開され、子どもと高齢者を悲惨な交通事故から守るなどを運動スローガンに活動する。
 交通安全フェアは草野美昭交通安全協会長、須市交通対策協議会長の橋本克也市長、渡邉素署長があいさつし、一日警察官のぼたんキャンペーンクルーと須賀川幼稚園児代表の3人に委嘱状を交付する。
 一日警察官の交通安全決意表明などに続いて、アトラクションで交通安全母の会が交通安全長生き音頭を披露する。
 須賀川・岩瀬地方3市町村交通対策協議会長、一日警察官らが各店舗で買い物客らにチラシや交通安全グッズなどを配る。
 ほかにも体験コーナーとして、白バイ・パトカー試乗、シートベルト体験車、自転車シミュレーター、チャイルドシート紹介、交通安全長持ち(餅)つき、飲酒疑似体験メガネ、人工呼吸・AED、動体視力検査、腹話術など企画している。
 子ども向けの綿あめやポップコーンプレゼントも行う。
 また運動期間中は各地区の交通安全協会員らがテント村など安全運動を展開する。