市図書館に自動貸出システムを導入

市図書自動貸出

市図書館に導入された自動貸出システム

 須賀川市図書館は、利用者が自由に貸し出し作業ができる自動貸出システム導入のため休館していたが、6日に再開した。
 システムはタッチパネル式で案内に従って操作する貸出機を1階カウンター前に設置した。利用者カードをリーダーにかざし、ICタグが付いている本をまとめて乗せ、本数を入力、タイトルと本数を確認して手続きが完了すると、借りた本と返却日が書かれたレシートが出てくる。
 職員に手続きしてもらうのが恥ずかしいという人がどの図書を借りたか見られずに済むほか、職員の業務負担が軽減される。
 誰でも簡単な操作で自由に貸し出しできるなどの利点が多く、気軽に借りられるため利用者の増加にもつながる。
 返却については今まで通り返却ポストを利用するか館員に渡す。