自然を感じウオーキングを楽しむ

大東ウオーキング

古墳巡りとウオーキングを満喫する参加者たち

 大東地区健康づくりの会健康増進部会(門沢タリ子部会長)の「古墳巡りとウオーキング」は27日、小作田、市野関、日照田、田中地区を巡るコースで行われ、25人が参加し、心地良い汗を流しウオーキングを楽しんだ。
 門沢部会長は「天候にも恵まれ、自然を感じながら楽しんでください」とあいさつした。
 準備体操のあと、高坂智子、坂田里美両市保健師も参加し、大東公民館をスタート、市野関の稲荷神社古墳や団子山古墳を巡る約3・5㌔約90分のコースを楽しんだ。
 参加者らは田園風景や木々の自然を肌で感じながら、身近な古墳の歴史に触れ、心地良い汗を流しながらコースを満喫し合った。