天栄村で成人式・2分の1成人式

天栄成人

添田村長から成人証書を受ける小針さん

 天栄村の「お盆成人式・2分の1成人式」は15日、多くの来賓が見守る中、47人の新成人、47人の2分の1成人者が出席して、文化の森てんえいで開かれた。
 国歌斉唱のあと、添田勝幸村長から新成人代表の小針佳奈子さんに成人証書と記念品が授与され、水野里菜さんから村に記念樹が贈呈された。
 引き続き2分の1成人証書と記念品を渡辺蒼空君(広戸小)、稲川遥香さん(大里小)、吉田琴弥さん(牧本小)、田代博美さん(湯本小)に添田村長が手渡した。
 添田村長は「成人式を契機として、社会人としての誇りを持ち、大人としての義務をしっかりと自覚し、自身の将来を確立する確かな一歩を踏み出すことを希望します。皆様の持っている『無限の力』が、未来の天栄村発展のための大きな原動力となることを期待しています」と式辞を述べた。
 廣瀬和吉村議会議長、宗方保県議、川田昌成県議が祝辞を述べた。
 10年後の自分へのメッセージ預託を2分の1成人の佐藤綺音さんが、10年前の自分からのメッセージ返却を新成人の森内祐貴さんがそれぞれ行った。
 2分の1成人代表の吉成加恋さんからの新成人者へのメッセージを小針佳奈子さんが受け、石塚好将さんが新成人を代表して「成人の節目を無事に迎えることができたのは村長や来賓の皆様、仲間や家族の支援のおかげです。今までの村での経験を生かして、それぞれ目標に向かって前進して、一人の人間として社会に貢献していきたい」と謝辞を述べた。
 参加者らは体育館で記念撮影をしたのち、再開を喜び合いながら郷土愛を育んでいた。